高3夏E判定でも間に合う?ポラリスアカデミアの無料受験相談を体験してみた

ベルモア編集部
written by
ベルモア編集部

「受験生にコンサルタントを」ということで勉強は一切教えたりせずに逆転合格を連発しているポラリスアカデミア。

でも、ネットを見てもあまり情報がないので全然どんなことをするのかわからず無料受験相談もちょっとハードルが高いと感じてしまいますよね…?

そこで今回はこのポラリスアカデミアは一体どんな方たちなのか、実際の受験生の方による無料受験相談を体験してみました。

まずはLINE友達登録から

無料受験相談を受けるにはまずはLINEの友達登録から。LINEで質問が飛んでくるので何年生か、志望校、お悩みについて答えていくとすぐに受験相談の予約へ。

ポラリスアカデミアのLINE登録

正直「えっ、これだけの内容で受験相談するの?」と思ってしまいましたが、追加の記入項目もちゃんとあったので安心でした。

そしてその1週間後、予約をすっかり忘れてしまった頃にこんな連絡が。危うくドタキャンするところでした…!

ポラリスアカデミアの無料受験相談

そして当日、送られてきたZOOMのURLを開くと無料受験相談がいよいよスタートです。

気になる無料受験相談の内容は…?

ポラリスアカデミアの無料受験相談を体験してみた

――よろしくお願いします、田中です。

はじめまして!ポラリスアカデミアの吉村です。よろしくお願いします。

アンケート拝見しましたよ、田中さんは今高3で早稲田を目指されてるんですね。

――はい、一応そうですね。

早稲田は僕の知り合いにも多いですけど「友達もたくさん作ってるし本当に楽しい」って言ってるのをほんとに良く聞きますしおすすめですよ。高田馬場の周りとかも「楽しい学生生活!」って感じですもんね。

――はい、早稲田ってやっぱり有名だし何となく前から志望だけしてるんですけど、でも特に何かしてるわけではないんですよね…。

意外?問題点はしっかり追求

問題点はしっかり洗い出し

今回相談に来てもらったってことはやっぱり勉強の進み具合もあんまり良くないのかなーとも思うんですけど、直近で受けた模試の結果とかってどうでしたか?

――7月に駿台の模試を受けたんですけど早稲田はE判定で点数も全然足りてなかったですね。さらに夏休みも結構も無駄にしてしまったなという感じで…。

――志望校も日東駒専レベルまで下げた方が良いのかなーって最近はちょっと考えてます。

なるほど。ちなみに田中さんは「今の学力でちょっと頑張れば行けるレベル」と「本気で頑張って早稲田大学に合格するの」はどちらの気持ちの方が強いですか?

――やっぱりせっかくなら頑張りたいです。

そうですよね。でも本気で頑張るならまず今の学習習慣は本気で直さなくちゃいけないと思います。

早稲田は私立の最難関ですから、実際合格するのはそんなに簡単なことじゃないですよ。

E判定って統計上は「10人いても受かるのは2人以下」っていうレベルなので、はっきり言ってこのまま勉強を進めても合格率0%は間違いないです。

――そもそも今高3なんですけど、それでも間に合いますか?

はい、やり方さえ間違えなければそれは全然大丈夫ですよ。実際僕は11月になってもまだE判定でしたしまだまだの時期だと思います。

でもまずは自分が今そういうレベルにいるっていうことにあらためて自覚が必要ですね。

――はい、わかりました。

個々の問題点について解決法を提案

解決方法までしっかり提案

ちなみに田中さん自身は今どういうところがネックになって勉強ができてないと感じてますか?

――もう夏も終わってるのにまだ全然本気になれていなくて…。

1日の勉強時間は何時間くらい取れてますか?

――平日が2~3時間で休みの日でも5~6時間くらいですね。

わかってるかもしれないですけど、夏も終わってもう半年切ってる割にはやっぱりちょっと少ないですよね。

早慶以上の日本最難関レベルを合格する人たちって今の時期は平日でも5~6時間、土日でも10時間以上は普通にやっているので。

今田中さんよりも上にいる人達がたくさん勉強してるのに下の学力層にいる田中さんが勉強しなければ差はどんどん開く一方ですから、まずはそこの差をまず埋めないとですね。

では、ここをどうやって埋めればいいか一緒に考えていきましょうか。

ついついスマホを触ってしまう…

ついスマホを触ってしまう場合には

例えば休みの日とかってどういう過ごされ方をしてますか?

――ちょっと勉強しては休憩~でついつい休憩時間が長くなってしまったり…。後はYouTubeの受験動画見て勉強した気になってるみたいな感じですね。

教育系YouTuberの動画とか面白いですもんね。

YouTubeとかTiktokとか見ちゃう方って結構多いんですけど、実はスマホってその場に置いてるだけで集中力妨げてしまうものなんですよ。

なのでスマホとの向き合い方としてまず今日からは自分の部屋の中には置かないようにしてみるっていうのをやってみましょうか。

――うっ…、わかりました。

休憩時間が長くなって集中できない

長時間集中できないときは

それ以外に勉強に手がつかない理由は何かありますか?

――後はどうしても長時間集中が続かなくて1問解いたらすぐ休憩…みたいなところも気になってます。

わかります。でも1日10時間以上勉強できる人たちにものすごい集中力があるかって言うと実はそういうことではなくて、そこは田中さんと全く同じなんですよ。

ただ違うのは「自分をうまく管理できてるかどうか」だけなんですよね。例えば

  • 「自分の集中力は40分くらいしか持たないから、じゃあ40分に1回休憩を取るようにしよう」
  • 「勉強に取りかかるまでが長いから何時になったら必ず1問解くを絶対のルールにしよう」

とか。合格できる人はそういう風に自分なりに工夫して自分に一番合った勉強法を自分で見つけている人が多いですね。

このサイクルも色々テクニックはあるんですけど、まずは「40分5分」か「30分5分」で取り組んでみるのはどうでしょう。

――はい、試してみます。

ちなみにやるときは「ちゃんと時間でしっかり区切ってキリの良いところでやめない」ように気をつけてみてください。

実は人間ってキリ良く終わってしまうと意外と次に始める時の”きっかけ”を失ってしまうことにもつながるんですよ。なので逆に「中途半端に終わって気持ち悪いから早く済ませたい」ってなるくらいの方がちょうど良いですよ。

――確かに問題数単位で休憩を取ってて時間で完全に区切るっていうのは考えたことはありませんでした。

休憩明けの取りかかりってどうしても遅くなりがちですから、例えば勉強からではなくて大学に行きたい理由や落ちたらどうなるかを想像して紙に書き出してみるとかワンクッション挟んでみるのものもありですね。

こういう風に取り組みを続けていると自然と勉強の習慣ができてきて最終的には勉強も日常の歯磨きとかと同じくらいのレベルまで習慣化されていきますよ。

言われて治るなら誰も苦労はしない?

さらに課題を解決するためには

以上がまず田中さんが至急仕上げないといけない部分だと思いますけど、どうでしょう。このまま12時間とかに伸ばせそうですか?

――でも、ちょっと遊んでしまうかもしれないですね笑

そうですよね。今言ったことがちゃんと一人で全部できるなら誰も苦労はしないですし、実際この方法が田中さん自身に合ってるかどうかもわからないですからね。

ところで田中さんは僕たちがどんなことをやってるかとかってご存知だったりします?

――いえ、実はあまり良く見てないで相談だけしに来ちゃいました。学習塾さんですか?

いえ、僕たちは簡単に言うと受験生の方につくパーソナルトレーニングのコーチのイメージで、まさに今言ったようなマネジメントで勉強のやり方やモチベーションを改善していく指導をしてるんです。

良ければ具体的にどんなことやってるのかもちょっとお話しましょうか?

――はい、ちょっと聞いてみたいかもしれないです。

続きは実際の無料受験相談で…

ポラリスアカデミアの強み


ポラリスアカデミア公式サイト

無料受験相談を受けてみた感想は…

ポラリスアカデミアの無料受験相談を体験してみた

――今日はどうもありがとうございました。問題点をハッキリ言ってもらえて解決案まで出してもらって…。

――正直もう少し当たり障りない内容なのかと思ってました。

やっぱり本当にその子のことを考えた時にダメなことはダメとズバッと言ってしまわないとためにならないですからね。

ただのいい人で終わるような1時間だったらその子はその1時間勉強してた方が絶対いいわけですし。

だからせっかく話に来てくれた以上は有益な1時間になるように問題点を洗い出してダメなことはダメとしっかりお伝えしつつアドバイスもしています。

提案は色々できるので受験についてのお悩みごとがあればぜひ気軽に何でも相談しに来てください。

最後に

ポラリスアカデミアは無料受験相談でもしっかり問題点を一緒に考えて解決策を導き出してくれる本当に勉強のパーソナルトレーナーという言葉がピッタリのサービスでした。

特に「高3の夏からでもまだ間に合います!」との言葉がすごく印象的で、自分に合った勉強法が見つかっていない方はこういったサービスの利用でも案外逆転合格は狙えるものなのかも…?


ポラリスアカデミア公式サイト
error: