英会話を始める前に知っておきたい、上達に必要なこと

宍戸律子
written by
宍戸律子英会話講師

最初は何からすれば良いのか

英会話を習う前に何をしたいのかを明確にしよう

英会話が上手くなりたいと思っても、初心者の方は「最初は何からやれば良いのかわからない」という場合は結構多いのではないでしょうか?

そういう方は、勉強を始める前にまず今の生活で

  • 何のために英会話が必要なのか
  • 英会話ができなくて何に困っているのか

をしっかり明確にしておきましょう。

何に困っているのかがわからないと何をやれば良いかわからないので、「自分がどうして英会話を始めるのか」をしっかり把握することが上達する上で大事なことなんですね。

オススメの方法

英会話を習う目的を明確にするオススメの方法

とはいえ、いきなり目的を聞かれても困ってしまいますよね。

なので、まずはとにかく「”英語ができなくて困ったこと”を紙に書き出してみる」をやってみましょう。

例えば、

  • 前回の海外旅行でぼったくられた
  • お店でオーダーしたら全然違う食べ物が来た
  • 外国人に道を聞かれたとき、説明が全然通じなかった
  • 仕事で行う電話会議で話の内容が全然わからない

といった具合で大丈夫です。

ただ、「英語力を上げたい」くらいの漠然とした目標では学習自体もはかどらないので、できる限り具体的に書いてみてください。

これはNG?初心者向きじゃない学習手段

初心者向きの英会話学習法とは

さて、目的が明確になったら勉強を進めていくことになりますが、実は世の中には初心者向けではない勉強方法もたくさんあります。

例えば、最近は英会話学校やオンライン英会話に通う方が多いと思いますが、これはあまりオススメではないですね。

これは講師側というか生徒側の問題で、基本的に日本人の方は受け身なので授業や講座を”受けるだけ”で”言われた以上のことはやらない”ことが多いんですね。

積極的に自分から情報収集したり先生にわからないところを聞きに行ったり話しかけてみたりということをしないので、英語力が伸びることもないんです。

「レッスンは受けてるけどノートは取らない」「家で宿題はやるけど宿題以上のことはやらない」といったことに心当たりがある方は要注意かもしれませんよ。

逆に伸びしろでもある

最適な学習方法は伸びしろになる

それで英語の勉強に挫折してしまい「私って頭が悪いんだ、センスが悪いんだ」と思い込んでしまう方が多いのですが、それはすごくもったいないことです。

学習のスタンスを変えれば英会話学校でもオンライン英会話でも英会話はちゃんと上達が見込めるものなので、これから説明する学習のポイントをぜひ参考にしてみてください。

上達のポイントは基礎

現在形と現在進行系の違いとは

みなさんできてると勘違いしがちですが、大卒の方でもたいていは基礎ができていないです。なので、しっかりとした基礎固めから始めることが多いですね。

具体的には、学校と同じような授業でまず中学生レベルの英語をしっかり自分で使えるようになってもらいます。

実は日常会話レベルなら中学生レベルの英語で本当に十分。高校生レベルの英語なんて全然いらないんですよ。

生徒さんの基礎力をチェックするために私が良く最初に聞くのは「現在形と現在進行系の違いを”一言で”説明してみてください」ということです。

正解は、

  • 現在形
    いつものことや習慣
  • 現在進行系
    今やってる最中のこと

なのですが、みなさん意外と現在進行系を「続けていること」と答えてしまいがちです。

この答えだと過去からの分が入ってしまい現在完了進行形になってしまうのでNG、この場合も基礎はできていないと考えた方が良いと思います。

オススメの勉強法

おすすめの英会話勉強法は英作文

例えば、私がよくやっているのは毎日簡単な英作文を書いてもらうことです。

理由は英作文だと英語のクセや問題点が目に見えてわかるからで、それを添削してあげるだけでも結構英語力は伸びてくるものです。

もし、すでに何かの講座を受けている方だったら先生にお願いしてみても良いかも知れませんね。

ネイティブの先生に要注意

英会話上達のポイントは基礎

また、ネイティブの方に英語を習っている方も多いと思いますが、彼らは英語を話すのは上手くても英語を教えるのが上手いとは限りません

むしろ、日本人のつまづきポイントやどうしてこういう表現をするのか、については理解できていないことが多いんです。

なので、初級者の方は特にゼロから英語が話せるようになった日本人の先生に教えてもらうのがオススメですよ。

続かない?英語の勉強を継続するためのコツ

英会話の勉強を続けるコツとは

英語の勉強を続けるのは大変なことですが、続けるための1つのコツとしては

  • 英語ができるようになったらできる良いこと/してみたいこと
  • 英語ができないことでどんな悪いことが起こり得るか

を可能な限り書き出してみることですね。

例えば、

良いこと

  • 来年行く海外旅行でコミュニケーションが図れる
  • 業務の幅が広がって年収も上がる

悪いこと

  • 次に外国人に道を聞かれた時もまた気まずい思いをする
  • 外国人のお客さんが来ても対応できないので売上が伸びない

という感じで現実的な内容を具体的に書き出すのがポイントです。

そうすると、英語ができるようになったときのメリットや世界について具体的にイメージできるようになるので、モチベーションにも変化が生まれますよ。

もし、それでも心が動かないようであれば英語を勉強する必要は特にないと思います。

なぜなら、続かない=話せなくても特に困っていない、ということでもありますからね。

最後に…

英会話の学習で一番大事なポイントとは

英語の学習を続ける上で一番大事なことは、自分の英語力(現実)をきちんと直視して「やりたくないな」と思うような弱点を埋めていくことです。

特に敬遠されがちなのは

  • 自分の声を聞くのが嫌でも発音は録音して聞いてみる
  • 小難しくて面倒そうと思っても英文法はしっかり勉強してみる

等々ですね。

しかし、これをしっかり続けていれば学んできた点と点がどんどん線でつながっていくので伸び悩むということはもうなくなります

そこまで到達するのは大変ですけど、そうすると英語の勉強はどんどん楽しくなってくるので最初のうちは面倒だ・嫌だと思うことにほどチャレンジしてみて欲しいですね。

error: