ホットクレンジングが黒ずみ・いちご鼻などの毛穴ケアに良いって本当なの?

永松麻美
written by
永松麻美美容研究家

ホットクレンジングは何が違うの?

実は「ホットクレンジングとは」という厳密な定義はないのですが、肌に触れたときに温かくなるクレンジングのことを指すことが多いですね。

なぜ温かくなるのか不思議に思う方もいるかもしれませんが、仕組みは簡単でクレンジング剤に含まれるグリセリンが空気中の水分に反応して熱が発生するようになっています。

ぽかぽかと温かくなる体感は使っていてインパクトがあるので、最近すごく人気で流行ってる感じの商品ですね。

毛穴ケア&黒ずみ解消って本当?

皮脂腺に汗腺、毛穴の構造解説

そもそも、毛穴の黒ずみは毛穴から分泌された皮脂がスムーズに毛穴の外に出て行かず、溜まって酸化することで起きるトラブルです。

特に体が冷えがちな方や冬季だと毛穴の脂も固まって詰まっていることが多いので、温めて融点の33度以上にしてあげると皮脂が柔らかくなり外に出やすい状態になります。

なので、皮膚の温度を上げて毛穴を開きやすくするホットクレンジングは

  • 毛穴の黒ずみにアプローチできる(黒ずみケア)
  • 毛穴がきれいになる(毛穴ケア)

といったことには実際効果があり肌にとってもプラスにはたらくと思います。

ホットクレンジングで毛穴の汚れが浮き出やすくなるといったことは良く言われていますね。

黒ずみへのアプローチ

黒ずみを抑える方法とは

他にも黒ずみに対して割と即効性があってオススメなのはビタミンCなど抗酸化作用のある美容液で、多少皮脂が溜まりがちでも酸化して黒ずみになるのを抑えてくれますよ。

ただ、そうは言っても毛穴の黒ずみはホットクレンジングや美容液などアイテムによるケアだけで完全に解決するものでもありません。

例えば、酸化した食事ばかり摂っていると黒ずみ(皮脂の酸化)も起こりやすいですし、オーガニックのオイルを使っているけど実は古く酸化してて逆に黒ずみの原因になっていたり…なんてケースも。

アイテムでの黒ずみケアはあくまで対症療法ですから、やはり根本的な原因の解決は必要だと思いますね。

実は他にもメリットが

後は私自身が色々なメーカーのホットクレンジングを使ってみて感じたのは、老化や血行不良などによる不活性な肌にも良いのかなというところです。

くすみやくまの多くは血行不良が原因なので、肌の温度を上げて血行促進してあげることで皮膚の調子が上がって来ます。

頬がほんのり赤みを帯びてくると顔の印象が明るくなって若く見えるようになりますから、毛穴ケアと相まってアンチエイジングの観点からも良い印象がありますね。

人によってはデメリットも

ホットクレンジングのメリットとデメリット

ただし、ホットクレンジングで肌を温めるということは

  • 赤みが出やすい人
  • かゆみが出やすい人
  • 炎症ニキビがある人

にとってはマイナスにはたらくこともあります

こういった症状が出やすい方にとってはメリットよりもデメリットの方が大きくなりがちではあるので、ホットクレンジングはあまり向かないのかなと思いますね。

後は、ホットクレンジングは比較的洗浄力がかなり穏やか商品が多いので、実はメイクがしっかり落とし切れないことが結構あります

「メイクを落とし切ったと思い込んでいるけど実は落としきれていない」のは肌にとっては一番最悪で、これが毛穴詰まりや汚れによる肌トラブルに発展してしまいます。

なので、軽くパウダーファンデーションくらいの日であればホットクレンジングでも大丈夫だと思いますが、日焼け止めやリキッドファンデーションを使うような日ではクレンジングもしっかり落ちるタイプの方が良いですね。

ホットクレンジングのオススメの使い方

ホットクレンジングで毛穴黒ずみにアプローチ

なので、ホットクレンジングは毎日使うクレンジングというよりかは化粧が薄かったりすっぴんの日に使うサブ的な位置づけのクレンジングとして個人的にオススメですね。

後は冬場でくすみやすかったり肌の元気がなかったり、「温かめながらケアしてあげたいな」というときにスポットで使ってあげるのも良いですよ。

もちろん、毎日すっぴんだったりメイクが優しめの人であればホットクレンジングをメインで使っていても何も問題はありません。

ただ、そうでない方は普通のクレンジングとホットクレンジングのダブル使いにするのが良いと思います。

コンセプトをあわせて使うことが大事

ファンデーションとクレンジングはコンセプトを合わせよう

クレンジングは結局ファンデーションとの相性が大事なので、メイクとクレンジングでコンセプトがチグハグになると「落ちない…」ということになってしまいます。

例えば、「ファンデーションはバッチリで毛穴1個も見えません」なのに「スキンケアは肌に優しいオーガニックで」みたいな組み合わせは最悪で落とし残しにつながるので絶対NGです。

先ほども説明したとおりメイクは自分は落ちたと思っていても実は落ちきっていない…ということが結構多くて、肌にとってはこれが一番良くありません。

なので、しっかりメイクならクレンジングもバシッと落とす、で揃えた方が良いですね。

各メーカーのコンセプトが良くわからない方は、ファンデーションとクレンジングのメーカーを揃えてしまうというのは無難でオススメですよ。

まとめ

黒ずみ対策・毛穴ケア3つのポイント

黒ずみ対策や毛穴ケアのために体を外から温めてあげることも大事ですが、中から温めてあげることもそれ以上に大事です。

でも、根本的に平熱を上げて冷えを解消~となると、ある程度筋肉が必要だったり食事や生活習慣の見直しで体質改善もしてあげたり…とやることは何かとたくさん出てきてしまいます。

なので、個人的に一番てっとり早くてオススメなのは”湯船につかって汗をかくこと”です。

汗をかくと汗腺という汗を出す腺が鍛えられますし、汗腺が開く時は皮脂腺も一緒に開きやすいので脂の出も良くなって毛穴詰まりや黒ずみといった毛穴のケアにつながります。

1日1回夜に入浴で汗をしっかり出してあげると毛穴も詰まりにくくなりますし、血行が良くなるということは肌へ栄養も運ばれやすくなるので良い肌を作るという意味では入浴は欠かせません

肌にとってはプラスにしかならないので、体温が低かったり毛穴が詰まりがちな方はとりあえず湯船でしっかり体を温めてあげて欲しいですね。

ただ、汗が肌に残っていると肌荒れの原因になりますから、入浴後は化粧水を含んだコットンなどで押し拭いてあげたりするとなお良いですよ。


著者書籍情報

永松麻美の人生がときめくシワとりパーフェクトブック

シワに効くのは、化粧品よりも筋肉ケア!顔筋力を鍛えて、ハツラツ顔を手に入れる!

1万人以上の悩める女性の肌を見続けてきた末にたどりついた、独自の美肌メソッドを公開中。シワ改善のポイントは、保湿、タイミング、顔筋力のコントロール。

肌質別スキンケア方法から筋肉マッサージまで、「シワ」について徹底的に解説したシワとりパーフェクトブック発売中です。

error: