ナイトブラで離れ乳が治るって本当?下着の専門家が教える噂の真偽から原因・対策まで

中津亜美
written by
中津亜美ランジェリースタイリスト

ナイトブラはバストケアに役立つ便利なアイテムですが、最近巷で離れ乳が治るとも言われているようです。

果たしてこれは本当なのか、ランジェリースタイリストの中津亜美さんに離れ乳の原因から対策まで詳しく教えてもらいました。

そもそも離れ乳の原因は何なのか

――早速ですが、何で離れ乳は起きてしまうんでしょうか?

これはもともとの骨格や遺伝の影響も多少はあるんですけど、そういった方は意外と少なくて大体の原因は以下の3つですね。

  1. クーパー靭帯が傷んでいる
  2. ブラの選び方・着け方が良くない
  3. 大胸筋や首・肩・背中が凝っている

①クーパー靭帯が傷んでいる

クーパー靭帯はバストの中に張り巡らされた靭帯のことで、重力に逆らいバストをしっかり支えてくれる役割があります。

しかし、この靭帯は重力によるダメージの蓄積で年々少しずつ伸びていくもので、加えて一度伸びてしまうともう元には戻らない性質があります。

すると離れ乳はもちろん垂れ、削げ、萎みといったあらゆるバストのお悩みへとつながっていってしまうんです。

――ということは今離れているバストはもう治らない…?

そんなことはありません。確かに靭帯が元に戻ることはないのですが、それでも②や③の原因をしっかり正すだけでもバストは全然見違えると思いますよ。

――安心しました。でも靭帯なのに重力で傷んでしまうんですね。

はい、そうですね。そしてこれは年齢よりも普段どんな生活をしてどんな下着を着けているかの影響が大きいものです。

極端な話、ブラトップで毎日運動していれば20代でも垂れ・離れ乳が起きますし、他にも萎んだり削げたりといったエイジングの定番の悩みもセットになってまとめて出てきてしまうかなと思います。

――エイジングのチェックポイントはありますか?

出産経験がある場合はどれだけ若くても必ずケアしてあげてほしいですし、歳を重ねるうちに「前よりバストの位置が下がってきた気がする」「弾力がなくなったかも」と感じるようなら要注意です。

また、女性の体の肉質的な全盛期は27~28歳と言われているのですが、一方でエイジングが進んで肉質的な質感が変わってくるのが38歳頃と言われています。

なので遅くてもこの年齢には本格的なバストケアを始めた方が良いかもしれませんね。

②ブラの選び方・着け方が良くない

ブラはエイジングを防ぐ上ですごく重要なポイントで「正しい位置に着けられてるか」「サイズがちゃんと合っているか」がとても大事です。

適当に付けていても正直意味は全く無いのですが、残念ながら正しいサイズのブラを正しく着れてる方は2割もいないと言われています。

これは店舗の店員さんにお願いして測ってもらう必要があるので、どうしてもハードルが高いかもしれませんが、一番大事なポイントなので必ずやってほしいかなと思います。

――やっぱりノンワイヤーじゃダメですか?

いえ、ノンワイヤーのブラも今は支える能力がすごい進化していて、サポートのあるタイプならワイヤーのブラとほぼ差はありません。

ただ、バージスライン(バストの下側のライン)がくっきりときれいに見えるのが美バストの大事な条件なのですが、ノンワイヤーだと面で支える分このラインがぼやけるんですよね。

バージスラインをしっかり支えつつメリハリをつけられるのはワイヤーの大きなメリットなので、個人的に昼用ブラならなるべくワイヤー入りをおすすめしています。

――それは知りませんでした…。あと歳を重ねるとブラが合わないことが増えませんか?

バストは乳腺と脂肪でできてるんですけど、歳を重ねると乳腺が衰えて脂肪の割合が増えていくのでだんだん柔らかい質感になっていきます。

するとハリがなくなって体型が変わってなくても「キツくなった」「違和感がある」といったことが起こります。

このときはアンダーを上げたりブラのサイズを見直すだけではダメで、ブラの種類そのものを変えていく必要がありますね。

――ブラの種類を変えるとは…?

例えば若い子だとアンダーの締め付けがきかったりワイヤーが硬くて太いタイプでも全然問題ないのですが、30代後半にもなると食い込みがすごいきつく感じるようになってきます。

なので、アンダー上側が締め付けがなかったり柔らかいワイヤーで直接当たらないタイプだったり、ブラの作りそのものがエイジングに特化したタイプがおすすめです。

つまりは、若い子向けのブラではなくてもう少し年齢層高めの年相応のシリーズから選んであげましょう、ということですね。

③大胸筋や首・肩・背中が凝っている

また、意外かもしれませんが筋肉や姿勢も①②と同じくらいバストが変わる大きな要素です。

特にバストの反対側になる背中側の筋肉の凝りはバストとは切っても切れない関係があって、正直肩甲骨をほぐすだけでも離れ乳はだいぶ改善されると思います。

肩甲骨って意識しないとなかなか動かさない部分なので1時間おきに肩を回してみたり積極的に動かしてあげる習慣を作ってあげてほしいですね。

――今の時代デスクワークとかでほとんどの方が凝ってて猫背だと思うので、結構改善の余地がありそうですね。

そうですね、筋力も低下している方が多いので鍛えてあげるのももちろん大事です。

本当は骨盤やインナーマッスルも含め全身が関係あるのですが、これは話し始めるとキリがないのでまずは簡単にできる背中からアプローチしてみてください。

セルフケアならフォームローラーやテニスボールを背中をほぐしたり、そういったメニューで全然大丈夫ですよ。

――凝りを解してバストが改善なんて一石二鳥ですね。

はい、ただ慢性的な体の凝りは一朝一夕で取れるものでもないので、このあたりは長期戦で毎日のケアが大事になってきますね。

後は体の凝りって意外と自分では気づけていないことも多いので、状態を知るためにも一度整体とかで弱点を見てもらった方が良いかもしれません。

離れ乳がナイトブラで治るって本当?

――ちなみに巷ではナイトブラが離れ乳に効くという話もあるのですが。

ナイトブラだけで改善…とはさすがにいきませんが、手助けの1つにはなると思います。

寝ている間にもクーパー靭帯を守ってくれますし、バストクリームを使っているならラップ効果も期待できます。

バストの肉質が柔らかく変化していく30~40代以降の方で特に恩恵が大きいので併用するとより良いと思います。

――ナイトブラのインパクトも結構大きいですか?

いえ、着けないと大幅マイナスというほどではないので、もし1個も持ってなくても過度な心配は不要です。

スキンケアに例えると化粧水・乳液がマストだとしたら美容液的な位置づけのイメージなので、無理して毎日つける必要もありませんよ。

――そうなんですね。離れ乳には前中心が短いタイプが良いというのは本当ですか?

前中心が詰まっていると着用時にシルエットがグッと良くなることはありますが、それによって離れ乳が改善されることはないと思います。

昼用でもナイトブラでも脂肪の形が変わってバスト自体が形状記憶のように形作られるわけではないんですね。

シルエットが気になるようならそういうタイプを着けても良いと思いますが、血流やリンパの流れが妨げられても意味はないので注意が必要です。

――サイズが合わないなら着けない方がいい?

そうですね。なので昼用ブラでもナイトブラでも購入するときは必ず試着したり返品交換が可能な商品から選んでほしいですね。

サイズ展開がS/M/Lと幅広く誰でも同じような効果は得やすいですが、それでも「アンダーはキツいのにガバガバ」「アンダー緩くてカップがタイト」といったこともありますので。

<ナイトブラの選び方のリンク>

その他にも離れ乳の改善に役立つ対策

――ブラや肩甲骨以外にも離れ乳改善のためにできることはありますか?

離れ乳の改善というよりバストケア全般の話になりますが、やはり人間の体は食べたものでできているので栄養はとても大事です。

特にタンパク質を自分の体重g、お水を自分の体重×30ml、鉄分を意識して取るようにするとバストにも重みのようなボリュームを感じるようになると思います。

もちろん食べ物なので即効性はなくて3ヶ月以上は継続していく必要がありますが、大きな違いが出るので個人的にはおすすめです。

――前回教えていただいたマッサージはした方がいい?

そうですね、乳腺は刺激を受けることで周りに脂肪を蓄える性質があるのでマッサージもおすすめです。

  • お風呂上がりにナイトブラ付ける前にクリーム付けてバストをさすってあげる
  • 朝は昼用ブラを着ける前に同じことをやってあげる
  • もし時間があればついでに軽く大胸筋周りをほぐしてあげる

くらいの本当に簡単なもので構いません。

全体的に地道な取り組みが多いですが、毎日続けていくことできれいなお椀型のバストへと変化が見込めるので、ぜひ試してみて欲しいですね。

最後に…

私も妊娠前後はブラトップだけで過ごしていたタイプで、いざ授乳が終わってみたら離れだけじゃなくてあらゆる全ての悩みが起こっているような状態でした。

でも、今は日々のケアの甲斐もあって産後にあったようなトラブルもだいぶ解消されています。

靭帯は戻ることはありませんが、今お伝えした下着選びや姿勢、栄養でも十分回復・改善は見込めるものなので諦めずにぜひバストケアにチャレンジしてみてください。

また、私のところには垂れた、萎んだ、離れたという症状が起きてからいらっしゃる方が大半なのですが、そこからではできることも限られてきます。

なので、できればトラブルが起きる前の若いうちからしっかり予防してあげて欲しいですね。

error: