美容師が教える、頭皮を傷めない正しい髪の毛の洗い方とは

秋山俊
written by
秋山俊美容師

髪の毛の間違った洗い方は頭皮を痛める?

髪の毛の洗い方で良く「爪を立てて洗うのはNG」と言いますが、これは本当です

爪を立てて洗うと確かにかゆいところもかけるし洗った感が出るので、ついついクセになってしまいがちですが頭皮にも髪の毛どちらにも大ダメージです。

そうなるとフケやかゆみといった原因にもなりますし、ひどい場合は雑菌が入り込んで繁殖して頭皮トラブルに繋がる場合もあるんです。

髪の毛を洗う前に…

美容師が教える正しい髪の毛と頭皮の洗い方とは|美容師 秋山俊10

なので、頭を洗うときには爪を立てずに洗ってほしいですが、洗う前にシャワーで1回良く流してあげてからシャンプーを付けると不要な汚れが取れるのでオススメです。

シャワーの温度は37~38度くらいの少し低めが適温になるので人によってはあらかじめ下げておきましょう。

40度以上になると髪の毛のダメージや頭皮の乾燥といったトラブルにつながってくるので、温度の上げすぎはあまり良くないですね。

シャンプーの選び方

シャンプー剤にもたくさん種類がありますが、アミノ酸がベースでできているものを選ぶと髪質改善にはつながってくるのかなと思います。

後はよくシリコン=危険と悪者になりがちなイメージがありますが、髪質によってはシリコンが必要な方もいるのでそこはフラットな目線で選んで欲しいですね。

具体的には、洗い終わりに髪が広がってしまうような方は髪の毛がしっとりして収まる効果のあるシリコンが良いですし、逆にベタつきたくなかったりボリュームを出したい方ならノンシリコンがオススメです。

ただ、実際自分にどのシャンプーが合っているのかは個々人の髪質や髪の状態にもよるところも大きいので、確実なのは一度美容師さんに相談してみることですね。

髪の毛を洗う時のポイント

美容師が教える正しい髪の毛と頭皮の洗い方とは|美容師 秋山俊11

頭皮の洗い方

自宅でやるときは頭皮全体をほぐすようなイメージで丸く回すようにして洗うと頭皮マッサージにもなるのでオススメです。

老廃物が除去されたり血行促進といった効果により白髪・抜け毛の予防にもなるので頭皮を動かすというのは大事ですね。

髪の毛の洗い方

また、ロングの人でもシャンプーは根本から毛先までまんべんなく付けてあげた方が良いです。

中間や毛先の方は揉み込むような洗い方がオススメですが、絡まってしまいやすいというデメリットはあるのでそこは少し注意が必要ですね。

たまに髪の毛を両手で挟んで拝むようにして洗う方もいらっしゃるのですが、これは強い摩擦がかかってしまい髪の毛に大きなダメージを与えてしまうのでNGです。

また、よく見受けられるのはスタイリング剤の残留です。これは臭いや毛穴の詰まりにつながってしまうのでワックスやスプレーを使った日はいつもよりしっかり目に洗い流しましょう。

すすぎ

最後にシャンプーを流すすすぎはしっかりやってあげてください。

スタイリング剤以外にシャンプー剤が残っていても臭いや毛穴の詰まりにもつながりますし、フケ・かゆみの原因になるのですすぎはしっかりしてあげた方が良いと思います。

洗っている時間よりも洗い流している時間の方が長くても良いくらいで、何なら2倍くらい時間をかけても全然問題はありません。

皆さん自分の中で流すルーティンがあると思いますが、「大体流せたかな」と思ったところからさらにもう1周分流してあげると良いですね。

トリートメントやコンディショナーは使うべき?

美容師が教える正しい髪の毛と頭皮の洗い方とは|美容師 秋山俊12

トリートメントは髪の毛の内部に必要な栄養を送り込む役割があり、コンディショナーは髪の毛の表面をコーディングする役割があります。

ダメージケアの意味では特にトリートメントが非常に重要な役割を担っているので、女性なら絶対に使うことをオススメしますね。実際、女性美容師で使っていない人はほぼ見たことないです。

サロンで売っているトリートメントを使われている方は週1くらいの頻度で、普通の市販品を使われるのであれば毎日使っても良いくらいです。

一方でコンディショナーは一時的に表面をコーディングして肌触りを良くするものなので、こちらはお好みで良いかと思います。

タオルとドライヤーの使い方

美容師が教える正しい髪の毛と頭皮の洗い方とは|美容師 秋山俊13

タオルはまず頭皮の地肌から拭いてあげてください。

中間から毛先にかけてはバーッと手先で散らすように拭いたりパンパンと抑えるように拭いてあげるのはありですが、揉んだり擦ったりは摩擦が生じてダメージにつながるのでNGです。

ドライヤーの時のコツは、水分が残りやすい根本からまず乾かすようにしてください。根本を乾かしているうちに毛先も自然と乾いてくるので、後は最後に全体的にブローしてあげるイメージですね。

逆に乾きやすい毛先から乾かし始めてしまうと毛先がオーバードライという過乾燥の状態になり逆効果なので気をつけましょう。

FAQ

美容師が教える正しい髪の毛と頭皮の洗い方とは|美容師 秋山俊14

シャンプーは1日何回しても良い?

本来なら2日に1回でもちょうど良いくらいなので、朝晩の1日2回は完全に洗いすぎですね。

ただ、実際2日に1回だと臭いとかが気になってしまうと思うので1日1回夜に使ってスタイリング剤や汚れを落としてあげてから就寝という流れが良いと思います。

カラーやパーマ後に気をつけるポイント

カラー後はメンズ用のスキャルプのシャンプーなど特に洗浄力の強いタイプを使うと退色につながってしまうのでオススメではないですね。

後はよく「パーマをかけた日は頭を洗わない方が良い」という話がありますが、そこは人によるところもあるので施術を担当した美容師さんに聞いてしまう方が手っ取り早いと思います。

最後に…

髪の毛の洗い方1つ取っても気をつけるポイントが多くて大変に思うかもしれませんが、一度髪の毛にダメージが入ってしまうと補修はなかなか難しく切れ毛・抜け毛につながってきてしまいます。

なので、洗い方や乾かし方など自分でコントロールできる部分についてはしっかり覚えておくようにしましょう。

error: