初めての脱毛で、まず初心者が知っておきたいポイントとは

高橋かな
written by
高橋かなエステティシャン

脱毛の選択肢は大きく分けて3種類

まず、みなさんが「脱毛しよう!」となったとき選択肢は大きく分けて以下の3つがあります。

  • 美容クリニック(レーザー)
    湘南美容クリニック、共立美容外科など
  • 脱毛サロン(フラッシュ)
    ミュゼ、キレイモ、銀座カラーなど
  • セルフ脱毛(フラッシュ)
    ケノン、脱毛ラボなど

クリニックではレーザー、サロンと自宅ではフラッシュと、どちらも光を使った脱毛方式というのは同じです。

ただ、それぞれの特徴はかなり差があって大まかに挙げると以下のとおりになります。

方法費用効果期間肌負担
クリニック30万円~
サロン20万円~
セルフ5万円~

また、基本的に光による脱毛は「光が強ければ強いほど短期間で効果があるけれども、肌負担も大きくなる」という特徴があります。

「高いから良い、安いから悪い」というわけではないので、選ぶときのポイントとしてはご自身が「何を一番重視するか」「どういう脱毛が向いているか」という部分で選ぶのが良いと思いますね。

それぞれの細かいメリット・デメリット

では、それぞれの方法のメリットとデメリットについてさらに詳しく知っていきましょう。

クリニックでの脱毛

クリニックでの脱毛は主にレーザーによる脱毛で、一点集中で毛根の奥(毛乳頭)まで確実にダメージを与えるタイプです。

毛根の奥まで破壊できれば、基本的にはその毛穴からもう毛は生えてこなくなるので、効果としては半永久的な脱毛になります。

メリット

短い期間で脱毛が完了する上、仕上がりもかなりきれいです。

何かトラブルがあった時も薬が処方できる、というのも病院ならではの強みですね。「医師が施術してくれる」という安心感も選ばれる理由としては大きいように感じます。

デメリット

結果は出ますが、一番のネックは価格が高いことと皮膚への負担が大きく痛みが強いことですね。

実際、痛みに耐えられなくてクリニックからサロンに乗り換えるという方も少なくありません。

また、痛みを抑えるために麻酔を使うことがあるのですが、個人的に粘膜が近いVIOに麻酔薬を経皮吸収させるのは「ちょっと怖くない?」と思ってしまいます。

サロンでの脱毛

サロンではレーザーを使ってはいけないので、主にフラッシュ(レーザーよりも弱い光)による脱毛になります。

エネルギーも弱いので作用も毛根までですが、痛みも少なく幅広く照射できるので短時間で多くの毛を処理できるのが強みです。

永久脱毛ではないのですが、実際「施術後は10年20年放置して毛が1本生えてくるかどうか…」という医療脱毛に近いレベルで脱毛できている体感は個人的にはありますね。

メリット

レーザーと違って点ではなく面で施術するので、全身脱毛など広範囲の脱毛が早いです。また肌負担と痛みも少ないのも大きなメリットです。

価格競争がかなり進んでいるので、クリニックに比べてかなり安いのも魅力ですね。

デメリット

価格が安い反面、(特に大手さんの話ですが)「予約が取りにくい」というのが一番の大きな問題です。

1回施術した後の次の予約は2~3ヶ月後になりますが、そもそも何ヶ月も後の予定なんてわからないですよね。

さらに、もし予約をキャンセルすると次は半年後。そうなると1年間で2回しか行けなかったなんてことも珍しくありません。

セルフでの脱毛

最近はレーザー脱毛器も登場していますが、自宅での脱毛は主にはサロンと同じフラッシュ脱毛が主流になります。

メリット

一番安いですし、自分で好きなときにいつでもできるのがとても大きなメリットですね。

「サロンに行くのは恥ずかしい」という人目が気になる方にも特におすすめです。

デメリット

家庭用はトラブルが起きないようにパワーがかなり抑えられているので、安全な反面どうしても期間は長くなりがちです。

ただ、出力が弱い=肌への負担も少ない、なので一概にデメリットとも言えない部分もありますが…。

後はみなさん面倒なのか「買ってはみたものの結局使っていない」という方もいらっしゃる印象ですね。

良し悪しを見分けるポイント

クリニック・サロンの見分け方

まず、クリニックもサロンも広告で目にするような大手さんは基本的にあまりおすすめではないですね。

というのも、大手さんであればあるほどトラブルを避けるために脱毛器のパワーをかなり抑えて使っているので、その分どうしてもお客さまは通う期間が長くなったり効果が薄れがちです。

さらに、そういった店舗さんほど人気で予約も取りにくいので「何年も通ったけど結局ダメだった」ということにもなりかねません。

特に回数無制限の永久保証を謳っているところは「その分予約が取りにくい」とも取れるので要注意かもしれませんね。

運次第なところも…

ただ、各クリニック・サロンさんの機材や経験、相性によって何もかもが全然違うので行ってみないとわからない部分が大きいのも事実です。

なので、おすすめの方法はお近くの大手から個人まで「何箇所か店舗を回って体験して比較してみる」ことですね。面倒かもしれませんが、一番これが確実です。

ポイントとしては

  • 店舗やスタッフの雰囲気は悪くないか
  • 施術者に脱毛経験のキャリアがきちんとあるか
  • 予約が取れるか、キャンセル時の対応など
  • 多少の融通が利くか(ホスピタリティ的な部分)
  • どんなアフターケアがあるのか

といった部分を特にしっかりチェックしてみると良いですよ。

サロンの見分け方

実は最近、脱毛業界でSHRと呼ばれる新しい手法が登場してここ数年で広がり始めています。

ホストのローランドが宣伝しているルミクスという脱毛機が有名なので知っている方も多いかもしれませんが、これが革新的な技術で

  • 産毛でも埋没毛でもヘアサイクル関係なく全ての毛を脱毛できる
  • 痛みや肌への負担も大幅に少ない
  • 全身で2時間と施術スピードも超高速

と「今までのフラッシュ脱毛は何だったの?」と思うくらいメリットしかない画期的な脱毛方式なんです。

なので、もし脱毛サロンに通う場合はこのSHR脱毛を受けられるかどうか、というのは一番気にして欲しい重要ポイントですね。

家庭用脱毛器の見分け方

良し悪し…というわけではないですが、家庭用脱毛器は実は大きく分けて

  1. サロン専売の脱毛器
  2. 市販の脱毛器

の2種類があります。

①の方は市販されていない分パワーが②の倍近くあるので、より「サロンに近い脱毛」ということになりますね。

ただ、その分肌負担も大きくトラブルにもつながりやすいので、自分の肌に合っているかどうか良く検討した上で適切な方を選ぶ必要があります。

後は、フラッシュの照射面が広めの機器を選んだ方が時短でできるので結果的に長続きしやすいですね。

それから、脱毛の世界は日々進化を続けていて新しい技術や機器が次々に登場しています。

なので、お財布に余裕があるなら中古や型落ちを安く買うよりかは新商品を買った方が無難かなと思いますよ。

まとめ

最近は自宅でも気軽に行えるようになった脱毛ですが、それでも最短で1年以上の期間が必要な”時間のかかるもの”です。

クリニック、サロン、家庭用脱毛器のどれを選ぶにしても長い付き合いになるのは間違いないので、後悔しないようしっかり自分で下調べした上で納得の行く方法を選びたいですね。

特にクリニックやサロンは金額も高くなりがちなので、ぜひ上に挙げたポイントを選び方の参考にしてみてください。

error: