エステ脱毛とセルフ脱毛、それぞれの違いと選び方について

高橋かな
written by
高橋かなエステティシャン

まず、エステの脱毛とセルフの脱毛は実はどちらも同じフラッシュ式という方法で、脱毛エステだから特別な方式の施術が受けられる…というわけではありません。

でも、効果やお手軽さ、お値段などなど見るべきポイントは色々とあって一言でどちらが良いということはありません。

なので、こちらのページでは「どういう方法が一番自分にとってベストか」「何を一番重視しているのか」がわかるように特徴や選び方のポイントを解説していきます。

エステ脱毛とセルフ脱毛、それぞれの特徴

まず、エステで脱毛をする場合とセルフで脱毛をする場合のそれぞれの特徴は大まかに以下のような感じになります。

方法費用効果完了期間肌負担
サロン20~30万円(全身)高い2~3年中~低
セルフ5~10万円(機器代)緩やか3年~

これは他のサイトなどでもよく見かける比較表ですね。

ただし、この表だけ見ると「セルフはコスパが良さそう」「家庭用は負担が少なそう」とも思えてしまいますが、実はこれにもちょっとしたカラクリがあるので細かく解説していきたいと思います。

脱毛エステのメリットとデメリット

メリット

全身脱毛が完了するまでの期間が2~3年、大体10数回通えば全身の脱毛が完了できるのは早いですね。後で説明するSHRだとさらに早いと思います。

また、エステの業務用脱毛機は家庭用に比べてパワーがとても強いので、産毛への脱毛効果も高くキレイな仕上がりとなります。

自宅では難しいVIOまでしっかり処理してくれるのも大きなメリットですね。

エステ脱毛の大きな利点

さらに、ここ数年エステでSHRという革新的な手法が取り入れられるようになってきていて、

  • 生える前でも埋没毛でも無関係に全ての毛を脱毛できる
  • その上で痛みや肌への負担も従来(IPL)より大幅に少ない
  • その上で施術スピードも全身で2時間ほどと超高速

と、メリットだらけの脱毛方式となっています。

今のところSHR方式の家庭用脱毛器は販売していないので、このSHRでの施術が受けられるのは脱毛サロンならではのメリットと言えますね。

もし、サロンで脱毛するのであれば「SHR脱毛の機器が導入されていること」はマストでこだわりたい超重要ポイントなのでぜひ覚えておきましょう。

デメリット

エステで脱毛を受けるとき、おそらく100%悩むであろうことは「施術の予約が取れない」ことです。

3ヶ月も先の日付を予約しなくてならず、もしキャンセルしたらさらに3ヶ月後、となると1年で結局2回しか行けなかった…ということも珍しくありません。

しかも、特にこれは大手ほど多い傾向なので予約については体験のカウンセリング段階でしっかり確認しておきたいですね。

全身脱毛の罠

また、全身脱毛という言葉には特に定義がなくサロンによって範囲に違いがあります。

大まかに分けると

  • 本当に全身を脱毛する全身脱毛のプラン
  • 部分的に例外がある全身脱毛コース(特に顔)

という印象ですが、実際に契約してから「こんなはずじゃなかった…」とならないために範囲や追加料金については事前に確認しておきたいですね。

セルフ脱毛のメリットとデメリット

メリット

何と言っても、“今日、いますぐ、自宅でできる”というのが一番大きなメリットですね。

後はamazonや楽天など脱毛器はネット通販でも気軽に買えるので、脱毛エステに通うのが恥ずかしい方には嬉しいのではないでしょうか。

意外なメリット

また、脱毛が完了するまでの期間は長いものの脱毛効果が現れ始めるのは家庭用の方が早いというのは意外と知られていない利点ですね。

サロンの施術は2~3ヶ月おきなのに対して、家庭用では1~2週間に1度なので本当に初めのうちは家庭用に軍配が上がるというわけです。

ただ、短期間で脱毛したい場合はブラジリアンワックスの方が圧倒的に効果的なので、これはあくまで”おまけ”的な効果ですね。

デメリット

これはメリットでもありますが、業務用に比べてパワーが弱いのでどうしても長期的に使うことにはなると思います。

また、実際自宅ではVIOが難しかったりムラにならないように気を遣う必要があったり、意外と気をつけなければならないポイントも多いですね。

なので、部位的にはワキやひざ下、背中など比較的毛が太くて濃い部位の脱毛に使うのがオススメです。

セルフ脱毛で一番のネックとは

ただ、そんなことよりも家庭用のとにかく一番のネックはなかなか続けづらいところですね。

部位にもよりますが、広い範囲をやろうとすると1回で1時間以上かかってしまいますので何年もそれを続けていくのはやっぱり根気がいります。

なので、選び方の優先度としては

  • 照射面がワイドかどうか
    →幅が広いほど時短になるので
  • 機種が新しいかどうか
    →技術の進歩が早いので
  • 販売元は信用できるか
    →トラブル時の対応にもつながるので

といった点を気にしてみると良いかも知れませんね。

これが気になる、脱毛のよくある質問

また、特にお客さまから聞かれる質問についてもまとめてみましたので、ぜひ脱毛前の参考にしてみてください。

脱毛を行う時期

絶対に守らなければならないわけではないですが、生理前は肌が敏感になっていて「何を当てても痛い」とトラブルになりやすいので避けた方が良いですね。

逆に生理後1週間は、女性はお肌の水分量が増える傾向があります。

そうすると脱毛時の光が浸透しやすくなって、脱毛効果が高まるのでオススメですよ。

自宅でやれる範囲について

機種によっては自宅でVIOまでできるものもありますが、体勢や衛生面的に難しかったりするのであまりオススメではないですね。

先ほども言いましたが、基本的にはワキやヒザ下、背中など比較的太い毛に対して使うのがオススメで細かい産毛になると難しい場合もあるかもしれません。

痛みや肌負担について

業務用も家庭用も最近の器具はかなり進化しているので、昔に比べて痛みも肌負担もかなり少ないです。特にSHRは全然痛くないという人も多いと思います。

ただ、一つアドバイスとしては脱毛の前後でスポーツや入浴、岩盤浴、日焼けは避けた方が良いかも知れません。

フラッシュ脱毛では熱を加えて毛を処理するので、体温を上げると赤みやかゆみなどトラブルの原因になりやすいですからね。

サロンではケアもある程度しっかりしていますが、家庭用であればアイスノンを事前に用意しておくのがオススメです。

年齢制限について

子供さんでもSH法という子供向けの方式で光脱毛をやっているサロンさんは実際あります。

でも、成長期(思春期)はあまり安定していないので、私のサロンでは18歳未満はワックス脱毛のみにしていますね。

実は、ワックス脱毛でも施術を繰り返すことで毛乳頭に刺激が入るので、毛は少しずつ薄くなっていきますよ。

肌への負担も少ないのでお子さんにとってはかなりオススメの脱毛法だと思います。

最後に…

ムダ毛は脱毛してあげることで毛穴はキュッと引き締まるようになります。特にお顔はキメも整いツルツルになるので、脱毛後は化粧ノリが段違いですね。

シェービングによる肌へのダメージは実は結構大きいものですし、それを何十年も続けるくらいなら2~3年しっかり脱毛に時間を使って、もうムダ毛に時間を使わない人生の方が良いかなと私は思ってしまいます。

なので、定期的に自己処理しているような方には私は自宅でもサロンでもいいからとにかく脱毛にチャレンジすることをオススメしますよ。

error: