毛穴の詰まり・黒ずみ・開きに効果あり?クレンジングのメリットとデメリット

箱崎かおり
written by
箱崎かおり理系美容家

クレンジングと言えばメイク落としに使うことが多いアイテムですが、ネットを見ていると顔の毛穴詰まり、黒ずみ、開きにも効果があるという話も良く目にしますね。

どんな使い方をすれば効果やメリットを最大限引き出せるのか、本当なのかどうかも含めて美容家の箱崎かおりさんに教えてもらいました。

そもそもクレンジングの役割とは

クレンジングの役割とは

――当たり前すぎる話かもしれないのですが、そもそもクレンジングってどういう意味があるものなんでしょうか?

そうですね、これは皆さんもご存知の通りメイクを落とすためのアイテムです。

普通の洗顔料では落としきれないメイクや汚れもしっかり落としてくれる…というのがクレンジングの大きな役割ですね。

落とし残しが発生して蓄積していくと肌トラブルにもつながってくるので、しっかりメイクならクレンジングもしっかりしてあげた方がお肌のためかなとは思いますね。

――最近はメイクをしない方も使っている印象があるのですが、例えば男性が使っても効果があるものですか?

はい。油の汚れは油で落ちやすい性質があるので、皮脂をしっかり落としたい方や日焼け止めを使っていたりするならクレンジングを使ってあげた方が汚れもしっかり落とせます。

後は鼻の角栓など気になるところだけの部分使いといった使い方もありかとは思いますね。

クレンジングを使うメリットとは

クレンジングは「黒ずみ」「詰まり」「開き」に有効?

――今ちょうど角栓の話が出ましたがネットでは良く「毛穴の詰まりや黒ずみに対してもクレンジングが有効」という話も見かけます。これは本当なんでしょうか?

そうですね、この辺は少し話が長くなってしまうので「黒ずみ」「詰まり」「開き」の3つに分けて説明していきますね。

①毛穴の黒ずみについて

毛穴の黒ずみ、その原因は産毛だった

毛穴の黒ずみは角栓の先端が酸化して起きている…と今までは思われていたのですが、実は最近の資生堂の研究で黒ずみは角栓の中に(うぶ)毛が取り込まれているのが原因だと明らかになっています。

なので、一番手っ取り早く解決するなら顔脱毛してしまうことですね。これでもう毛穴の黒ずみは起こらなくなりますよ。

――それは初耳ですね…。本当に顔の脱毛で毛穴の黒ずみが解消されるんですか?

はい。まだまだ知っている人が少ない新情報なのですが実はそうなんです。

ただ、顔脱毛はちょっとハードルが高めなのでそれ以外にできることとなると「角栓自体を作らせない」になるのかなとは。

そういう意味ではクレンジングで角栓を除去してあげるのもある程度黒ずみ対策には有効なのかなとは思います。

②毛穴の詰まりについて

毛穴詰まりは皮膚刺激が原因で起こる

――毛穴の詰まりの方はどうでしょうか?

毛穴詰まりの原因になっているのは皆さまもご存じの角栓です。

この角栓は皮脂と角質が混ざり合ってできているもので、毛穴付近の肌がターンオーバーするとき角質がポロポロと毛穴の中に落ちていき、皮脂と混ざり合って角栓へと成長していく…という仕組みで発生しています。

もちろん、普通に角栓がある分には良いのですが毛穴が詰まるほど大量の角質が発生しているのは問題です。

これは肌が刺激を受けているせいで体の防衛機能がはたらき「肌を守らなきゃ!」と肌のターンオーバーが異常に早まっているのが原因になります。

なので、肌の刺激になっている要素を取り除いてターンオーバーを正常化してあげることがまず第一ですね。

――肌の刺激というのは具体的には…?

原因となる刺激は以下の3つがほぼほぼ全てになります。それぞれ、

  • 摩擦
    洗顔時に与える過度な刺激
  • 乾燥
    過度な洗浄や保湿不足
  • 太陽光(UV)
    紫外線によるダメージ

という感じですね。

なのでクレンジングで角栓を除去して解決するのも悪くはないですが、根本的に解決するならまずこの刺激になっている要素を解決する必要があるかなと思いますね。

特に良かれと思ってやっているクレンジングによって乾燥や摩擦が起こっているケースもあるので、洗顔時には「洗いすぎない」「こすりすぎない」。

その上でしっかり保湿してあげれば、クレンジングで無理やり除去しなくても毛穴詰まり自体が起こらなくなっていきますよ

③開き毛穴について

開き毛穴が起こる原因は"脂肪酸"

――最後にもう1つ、クレンジングは開き毛穴にも有効と聞いたことがあるのですが…?

実は開き毛穴は実際に毛穴が開いているわけではなくて、すり鉢状になっているのが陰影の関係で開いて見えているだけ…というのが研究の結果でわかっています。

で、なぜこれが起きるのかということだと思いますが、これも実は肌への刺激によって起こっているものなんです。

皮脂は皮膚表面の菌に分解されると脂肪酸という物質が発生するのですが、この脂肪酸こそが開き毛穴を引き起こす原因と言われています。

とはいえ、脂肪酸の発生自体を減らすのはなかなか難しいことなので、クレンジングや洗顔でこまめに古い皮脂を除去してあげるのがケアとしては大切になってきますね。

菌に分解させない常にフレッシュな状態に保ってあげれば脂肪酸も発生しにくくなるので、そういう意味ではクレンジングは毛穴開きに有効と言えると思いますよ。

――毛穴の開きは加齢によって起こるイメージも強いですが、これも脂肪酸の仕業ですか?

いえ、加齢による毛穴の開きは全く違うメカニズムで起こる現象なんです。

これはたるみ毛穴と言って、主にUVが原因で皮膚の弾力が低下し毛穴が伸びてしまうことで起きるものです。

なので、アプローチの方向性としてはどちらかと言うと肌の弾力ケアになってきますね。

肌にハリを出すという点では保湿も有効ですが、一度起きるとなかなか解決が難しい部分なので、そうなる前に日焼け止めなどでしっかりUVケアしてあげるのが重要になってくるかなと。

クレンジングのデメリットとは

オイル?ジェル?クレンジングの選び方

――今までお伺いする限りではクレンジングは良いことづくめのイメージですが、逆にデメリットはあったりするんでしょうか?

はい。クレンジングはしっかり落とせて洗浄力が強い反面、肌の皮脂やセラミドまで落としすぎてしまうことがあります。

そうなると逆に肌の乾燥(=刺激)の原因を作ってしまうことになるので、これはデメリットと言えばデメリットかもしれませんね。

後は洗顔時に摩擦(=刺激)を与えてしまっている方だと、これも肌トラブルの原因につながってくる可能性があります。

――摩擦というのは…?

例えば今ここにあるようなローションやミルクはどちらかと言うと洗浄力がマイルドなタイプになりますが、しっかりメイクなのにクレンジングはこれ…となると、「こすらないと全然落ちない」なんてことになってしまったりします。

なので、そういう場合はオイルを使ってあげたりとメイクによって使うクレンジングを変えてあげる必要がありますね。

ここの選び方さえ間違っていなければ指の腹でさすってあげる程度でメイクもスルッと落ちてくれるはずなので、「こすりすぎない」意識も大切かなとは。

クレンジングの選び方のポイント

クレンジングにもデメリットがある

――今、色々なクレンジングの種類が出てきましたがクレンジング選びのポイントみたいなものはあったりしますか?

そうですね。基本はしっかりメイクならオイルやバーム、クリームで落として、薄めメイクならローションやミルクという使い分けで良いと思います。

ただ、一番簡単で間違いない方法は「ファンデーションとクレンジングは同じメーカーさんで揃えてあげること」ですね。

やはりメーカーさんは自社のファンデーションが落ちるクレンジングを作っていますから、この組み合わせなら絶対間違いないです。

もしアイメイク(マスカラ)やリップなど落ちにくい箇所がある場合はポイントメイク落としでオフしてしまえば肌への負担も少ないですしね。

――肌タイプ別ではどうでしょうか?

まず、乾燥肌の人は摩擦が起こりがちなシートやウォーターは避けた方が良いかも知れませんね。

あとオイリー肌の方なら脱脂力が高くて油分を取りやすいオイルやクリームが向いてるかとは思います。

ただ、敏感肌の場合はもう少し注意が必要になってきます。

――クレンジングが使えない方も多いと聞きますが…?

そうですね。基本的にクレンジングに入っている界面活性剤は肌刺激がないものなんですけど、それでも刺激になってしまう場合があるんです。

なので、刺激の少ないオイルの中でもさらに界面活性剤の入っていない製品を選んだり、「キュレル」や「フリープラス」みたいな敏感肌向けのオイルを選んであげる必要がありますね。

それでももし刺激になってしまう方だと、ファンデーションをお湯や石けんで落とせるタイプに変えてメイク落としでクレンジングは使わないといった選択肢も出てくるのかなと。

――なるほど。色々教えていただきありがとうございました。

最後に…

合う化粧品を探すのではなく肌のベースアップを

私は普段日焼け止めを欠かさず塗ってUVケアしていますし、洗いすぎたり刺激になるようなケアもしていないこともあって肌のゆらぎ自体も少なく化粧品は割と何を使っても合うことが多いです。

「自分に合う化粧品を探す」のも良いですが、自分の肌のベース自体を上げてあげて「何を使っても大丈夫な肌」でいる方が個人的には一番良いのかなとは思っています。

なので、毛穴やお肌のことでお悩みがある場合はまず「乾燥」「UVケア」「摩擦」の3大ダメージ要素からしっかりケアしてみて欲しいですね。

error: