あこがれのインストラクター体型へ、ダイエット&体のプロポーションを整えるヨガ

五十嵐由奈
written by
五十嵐由奈ヨガトレーナー

トレーナーとヨガインストラクターは似た職業なのになぜか後者の方が「すごくスタイルが良い」みたいなイメージがすごくありますよね。

あのスリムな体型は果たして生まれつきなのか、それとも誰でもなれるものなのか…。ヨガトレーナーの五十嵐由奈さんに詳しく聞いてみました。

どうしてヨガトレーナーはスタイルがいいの?

ヨガインストラクターの体型は作れる

――ヨガのインストラクターってみなさん細い方が多い印象なんですけど、これはやっぱり何か秘訣があるんでしょうか?

確かにヨガはトレーナーさんに比べて結構華奢な方が多いと言うか、肉付きは若干違いがあるかもしれないですね。

でもこれは単純にトレーニングの仕方や食事内容で差が出てくる部分になるので、多分そこがトレーナーの方たちとは全然違うんだと思いますよ。

実際私自身もヨガをし始めるようになってから明らかに体質が変わったなっていう感覚がありますしね。

――つまり今からでもなろうと思えばなれるものなんですね。…ちなみに具体的には何が違うんでしょう?

例えばトレーナーのトレーニングってウェイトを使ってガシガシやっていく感じですけど、ヨガは全部自重なので筋肉のしなやかさや柔軟性が変わって来ます。なので、やっぱり女性らしい体のラインは出やすいと思いますね。

後は食事面に関してもヨガの先生って結構ヴィーガンやベジタリアン寄りの方が多かったり、そういう風に動きと摂るものが変わると結構それだけで体も細く変わったり体質にも変化が出てきますよ。

食事9割+トレーニング1割

ポイントは食事9割+運動1割

――プロポーションを変えていくにはまず運動と食事からと?

そうですね。というかもう本当に「運動しなくてもいいよ」って言ってもいいくらいで実は食事の占める割合がほぼほぼです。

体を変えるのは8~9割が食事からになるので毎日取るものだからこそ私も一番気を遣ってはいますし。

で、そこに運動としてヨガやトレーニングをプラスアルファの1割として取り入れてるみたいな感覚です。

――食事でそんなに体に違いがあるものなんですか?

そうなんです。ただ、食事だけ変えても自分の思い描く体のラインは意外と出づらかったりもするので、そこを引き締めるためには運動もやっぱり必要なので。

そうすると仮に食事が元に戻ってしまったとしても極端なリバウンドを抑えられたりもしますし。気をつけていることは本当にそれくらいですよ。

――ちなみに食事はやっぱりカロリー制限がメイン?

そうですね、そこは。やっぱりみなさん基本的には食べ過ぎが原因で太っていらっしゃるので。

こう聞くと苦行のように思われるかもしれませんが、実はこれ食事内容って見られるようにするだけで意外とみなさん減ってくるものなんですよね。

やっぱり食べ物を選ぶときにも「これは食べない方がいいかも」という意識が持てるようになるんだと思います。

なので、みなさん食事指導は受けていない方でも人に見られるように工夫してみるとそういった意識が芽生えて体型にお違いが出てくるとは思いますね。

「食べたい!」を我慢するコツ

――でも食べるのをコントロールするって結構難しそうですね…。

実は私も夜遅くに「お腹が空いてて寝れない!」っていうときは普通に食べちゃったりもしますよ。でも、逆に「今日この時間しか食べれないから食べる」という時は食べません。

お腹が空いた時は一度「本当にお腹すいてるかな?」「それって今本当に必要?」って問いかけてみるのが結構おすすめです。

これはヨガの考えにも通じるものなのですが、こうすることで「食べないでおこう」っていう選択肢もちゃんと受け入れられるようになりやすいですよ。

――そうなると、極端な話運動はしなくてもいい?

…って言われるんですけど、そういうわけではなくて老後のQOLを保つためにやっぱり筋力は必要なものでそれは食事で補えるものではないんです。

やっぱりある程度の体力をつけてあげたり、筋力が極端にぐっと低下していかないために運動は大事ですよっていうのはお伝えしています。

でも、これは本当に週に1回とかで全然いいと思います。慣れてきてちょっと運動楽しいかもって思うようになったら増やせばいいし、最初は週1からで十分です。

――運動なら種類は何でもOKですか?

そうですね、ヨガでも筋トレでも自分が長期的に継続できそうな運動であれば何でも大丈夫です。

実際やってみるとリバウンドもしづらいですし体のラインや肉付きも整ってくるので、週2~3と取り組んでいきたくなってきますよ。

特に女性は筋肉の収縮を繰り返してあげることで血流やリンパの巡りも良くなってくるので、内臓の働きも高まってアンチエイジングにもなります。

これは食事だけだとどうしても補いきれないような部分になるので、運動の1割はそういう意識で加えてあげるといいのかなと思います。

まずは痩せる!ダイエットのためのヨガポーズ

ヨガのポーズで取り組むダイエット

勘違いされる方も多いのですが、実は痩せるのに特化したヨガのポーズというのはありません。ただ、毎日ヨガを取り組んでいると自然とシャキッとした良い姿勢に変わっていきます。

そして姿勢が変わると残りの23時間の過ごし方が変わるので結果的に痩せやすい体になっていく、ということは全然あります。

体と心には深い繋がりがあって、姿勢が良いだけでもポジティブ思考になれて仕事の効率もストレス耐性も変わってくるものなので、取り組む上ではまず一番には姿勢を意識してみて欲しいですね。

効果が体感しやすいヨガのポーズ

特におすすめなのは太陽礼拝などの立った状態で大きくポーズを取るヨガです。普段運動をしない方でも動いた感・効いた感が得られやすいので運動不足にも最適ですよ。

ヨガの定番ポーズ・太陽礼拝

全身を大きく動かすヨガのポーズ

気になる部分にアプローチ、部位別ヨガポーズ

ヨガでもトレーニングでも「ここを動かせば痩せる」部分痩せといったことはないのですが、部分的にアプローチしてあげるっていうのは体をきちんと使えるようになるため必要なことでもあります。

例えば普段座り姿勢が長い方はお尻を、立ち仕事や家事の時間が長い方は猫背になりがちな背中を、とそんな風に普段使えないところを自分で選択してやってあげると体もバランス良く使えるようになってきて姿勢の改善にも役立ちます。

バストアップ

ウエストシェイプ

ヒップアップ

こういったメニューを偏りがないように週に2~3回、日々自分の体の気になるところに特化したアプローチをしてあげられるよう組み合わせてあげるといいですね。

後、回数は動画では短めになっていますが、実際は自分が「効いたな」と感じるまで繰り返してみてください。

最後に

シェイプアップするなら実は重きを置くのは食事の方になりますし、何もヨガでなくても自分が継続できるような運動であれば何でもいいと思います。

でもヨガは消費カロリーこそ少ないものの食事と日常生活の過ごし方、オフの時間全てを変えられるというところが他のトレーニングとは大きく違うところになります。

特に女性の場合はホルモンバランスによる波にも左右されなくなったり、精神的なメリットも大きいのでぜひ興味があれば見よう見まねからでも取り組んでみて欲しいですね。

error: